喘息(ぜんそく)

喘息とは

喘息とは喘息は空気の通り道である気道の炎症が続く病気で、生命を脅かす可能性があり、放置すると重症化しやすいため適切な治療が必要です。繰り返し咳が起こり、突然息苦しくなって呼吸の時に「ヒューヒュー・ゼイゼイ」音がする喘鳴を起こしたり、咳き込んで呼吸が難しくなりあえぐなどの症状が現れます。
喘息発作が起こるのは、気道の炎症がきっかけとなっています。炎症を起こした気道では粘膜がむくんで気管支の平滑筋が収縮し、有害なものを排除しようと粘液の分泌が増加するため、空気の通り道が細くなってしまいます。また少しの刺激にも反応する過敏な状態になってしまうため、発作を起こしやすくなり、さらに症状が悪化する悪循環に陥ってしまいます。
子どもの喘息も、大人の喘息も、適切な治療を受けないと症状や発作が重くなってしまいますので、早めにご相談ください。

小児喘息の原因

小児喘息は、遺伝性の要因と環境性の要因により起こります。また、アトピー性皮膚炎がある子どもは、喘息の発生頻度が高くなります。
環境性の要因では、アレルギー、ウイルス感染、大気汚染、副流煙、薬剤、運動、ストレス、気候などがあり、アレルギーによって起こる割合が多くなっています。
アレルギーを起こすアレルゲンには、ダニやほこり、カビ、ペットの毛、花粉、化学物質、昆虫などがあります。生活環境や年齢により、アレルギーの原因となる物質は変化します。それに伴っていくつかのアレルギー性疾患を発症することもあります。

小児喘息の症状

小児喘息の症状呼吸の時に「ヒューヒュー・ゼイゼイ」という音がすることが特徴ですが、発作は大きく分けて3段階になります。「ヒューヒュー・ゼイゼイ」が軽くて呼吸にほとんど影響しない段階、「ヒューヒュー・ゼイゼイ」音がはっきり聞こえてくる段階、そして呼吸困難になり返事をするのも難しくなる段階です。それ以外にも、胸部不快感、胸の痛み、胸の圧迫感など呼吸器以外の症状が出ることがあります。悪化すると呼吸困難により日常生活に大きな支障が出てきます。こうした発作は最初軽くても、繰り返すごとに悪化していきます。できるだけ早くご相談ください。

大人になって喘息になる原因

大人になって喘息になる原因大人になってから起こる喘息には、アレルギーから起こるアトピー型とさまざまな要因が複合的に関係して起こる非アトピー型に分けられています。
アトピー型では、花粉やハウスダストなどの無害な物質にも免疫反応が起こってしまうことが原因になります。咳や痰はアレルゲンを体外に出そうとする反応で、これが急激に起こると喘息発作となることがあります。喘息の原因抗原の吸入による病的反応には2相性があり、アレルゲン吸入から30分以内に最初の発作が起こるタイプとその後、いったんおさまってから数時間後に再び発作を起こしていくタイプの2種類があります。こうして、発作がくり返し起こり、気道の炎症が増悪するため、繰り返し発作を起こすこととなり、症状が悪化してゆきます。
非アトピー型では、特定の原因ではなく、さまざまな刺激により喘息発作が起こりますが、同じ刺激を受けても体調などにより発作が起きないこともあります。喘息を起こす刺激としては、タバコ、排気ガス、PM2.5、気温、湿度、ストレスなどがあり、風邪やイングルエンザをきっかけに起こることもあります。
喘息と似た症状を現す病気には、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)、咳喘息、過敏性肺炎、肺がん、気管支腫瘍、肺結核、気管支結核があり、胃食道逆流症、副鼻腔炎などの可能性もあります。重症化を防ぐために、咳が続いたり、呼吸時に「ヒューヒュー・ゼイゼイ」いうことがあったら、呼吸器科を受診しましょう。

喘息の検査と治療法

喘息治療では、発作を抑える薬物療法を行います。気道の炎症を解消することがなにより優先されるため、炎症を抑えるステロイドの吸入薬を使用します。吸入で使用する場合のステロイドは安全性が高く、副作用の可能性も少なくなっています。ほかに気管支拡張薬や炎症を抑える抗ロイコトリエン受容体拮抗薬、更に発作時のための発作治療薬を使用する場合もあります。
悪化要因をできるだけ避ける生活環境の整備も重要です。そのため、症状などをくわしく記載した日記をつけて、それを参考に予防対策を立てていきます。また、喘息の診断や状態の正確な把握のために、ピークフローメーターを使ったピークフロー値の記録も行います。これはできるだけ深く息を吸い込み、その後、素早く、そして全力で息を吐き出した強さの値で、ピークフロー値は気道が狭まった時に低くなります。これを記録しておくことで、どんな時に低くなるかがわかってきますので、発作の起こりそうな要因をつかむ助けになります。日記で刺激となるものを、ピークフロー値で危険な時間帯や温度・湿度の変化などをチェックして、できるだけ発作を起こさないようにしていきます。
発作が起きた場合には、発作治療薬を使いますが、呼吸困難により唇が青くなるチアノーゼを起こしている場合などには緊急受診が必要です。あらかじめ医師の説明を受け、いざという時の対応準備をしておきましょう。

Tel.022-296-0520