睡眠時無呼吸症候群(いびきの診療)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気で、気道の空気の流れが止まった状態が10秒以上続くことを「無呼吸」。5回以上「無呼吸」があるものを「睡眠時無呼吸症候群」と言います。さらに、無呼吸が30回を超すと重症と言われてます。

いびきを家族などに指摘されて気付く場合がほとんどですが、実に300万人以上が日本の潜在患者数だとされているほど自分だけではなかなか気付きにくい病気です。日常生活にさまざまな悪影響やリスクを及ぼすため、しかり診断と治療をうけることが重要です。

睡眠時無呼吸症候群の方の傾向

睡眠時無呼吸症候群リスクが高いのは以下のような傾向のある方です。

  • 禁煙できない
  • 毎晩、アルコールを欠かさず飲む
  • 肥満している
  • つい食べ過ぎてしまうことがある
  • 生活習慣病にかかっている

睡眠時無呼吸症候群は、痩せている方、女性の方にも珍しくない病気です。これは、首やアゴ、舌などの形状や大きさが大きく発症にかかわっているからです。上記の条件に当てはまらなくても、以下のような場合には注意が必要です。

太い・短い・脂肪がついている
下アゴ 小さい・引っ込んでいる
小顔
歯並び 悪い
全体が大きい・付け根が太い。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

寝ている間の無呼吸状態が良く知られた症状ですが、その時の酸素不足や睡眠が浅くなることで起きている間にもさまざまな悪影響を及ぼします。

寝ている間に起こる症状

ご自分では自覚しにくいので、同じ寝室で眠るパートナーやご家族に確認をお願いしてください。

  • いびき
  • いびきが止まって、その後大きな音と共に再開する
  • 呼吸をしてない時がある
  • 呼吸の乱れがある
  • 息苦しそうにしている
  • むせる
  • 何度も目が覚める
  • 寝汗

目覚めた時の症状

  • なかなか起きられない
  • 口が渇く
  • 頭が重い・痛い
  • 何時間寝ても熟睡した感じがしない
  • 寝ても疲れが取れない

日中に現れる症状

  • 眠ってはいけない時に、強い睡魔に襲われる
  • 集中力がなくなってきた
  • 身体がだるい
  • 疲れやすい
  • 頭がはっきりしない
  • 運転中、ウトウトしそうになってヒヤッとしたことがある

睡眠時無呼吸症候群の合併症

睡眠時無呼吸症候群では、高血圧、心不全・不整脈・冠動脈疾患などの心疾患、脳卒中、糖尿病などのリスクが上昇します。これは、間欠的低酸素血症と睡眠の分断による交感神経の亢進が起こることによる関与が指摘されています。

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療法

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療法診療では、起きている間の自覚症状や生活状況、既往症、睡眠についてなどを問診でくわしくうかがいます。そこで、睡眠時無呼吸症候群の可能性があれば、検査に進みます。
検査はご自宅で睡眠中のいびきや呼吸をチェックする簡易検査と、医療機関に入院して睡眠や呼吸の質を調べる精密検査があります。

自宅でできる簡易検査でも、手の指先や鼻の下にセンサーを装着し、血中酸素飽和度や気道の狭窄や呼吸状態を調べられます。
精密検査では、胸部や腹部の換気運動、筋電図、眼電図、心電図、脳波なども精密にチェック可能です。
どちらも寝ている間の検査です。

治療は、症状を緩和させるものと、根本的に原因を取り除くものがありますが、症状や原因、ライフスタイルなどに合わせて適切なものを選択することが重要です。また、肥満の解消など生活習慣の改善も症状を大きく左右します。ほかに、鼻詰まりなどの疾患が原因となって睡眠時無呼吸症候群の症状が現れている場合もありますので、そうした際には耳鼻咽喉科の治療が必要です。
最近、主流になってきているのは睡眠時にマスクを装着して気道に空気を送り続ける「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」です。
アゴの位置や歯並びなどが影響している軽度の症状では、専用のマススピースを装着する方法も有効な場合があります。また、アデノイドや扁桃肥大が原因となった睡眠時無呼吸症候群には外科的手術も検討されます。

Tel.022-296-0520